納骨・埋葬のすすめ

CINERARIUM&BURIAL SERVICE

ペットの遺骨そのままにしていませんか?

最近ではペットのお骨を手放したくない、手元に置いておきたいという方もいらっしゃいますが、自宅にお骨をいつまでも置いておくことはペットのためにもご家族のためにもあまり良いことではありません。
わが子同然の身であれば、お骨を手放したくない気持ちはわかりますが、“供養”本題の意味合いとは異なります。
「納骨・埋葬」することで骨は「抱く」存在から「拝む」存在へ変わります。この手合わせ「拝む」という事がとても大事なのです。手元にお骨を置き、心の整理をする時間は必要ですが、それにも限りがあります。わが子同然の大切な子だからこそ、体も魂も本来の場所に落ち着いてもらい、しっかり供養してあげましょう。

みんなどうしているんだろう?

一般的には火葬後四十九日、百か日、一周忌などの忌日納骨されるケースが多いです。四十九日は仏教の世界で、霊魂がいよいよ天国へ旅立つ日と言われることから納骨される方が多いです。

ペット供養の方法

ペット霊園に納骨する

ペット霊園の一角にきちんと納骨してあげるのはきわめてオーソドックスな方法です。
屋内に設置してある納骨堂に納める方法、他のペットちゃんと一緒に合同供養塔に埋葬する方法、人間のお墓にペットちゃんも一緒に納骨する方法があります。

納骨堂
お骨を個別でお預かりする方法です。ロッカー式と棚式のタイプがあり、写真立てなども飾れます。

合同供養塔
骨壷からお出ししてお骨を埋葬いたします。お骨は他のペットと一緒になりますが、お参りはいつでもできます。

ペットと一緒に入れるお墓
来世でも一緒だよ。かけがいのない時間を一緒に過ごした最愛のペットと眠れる墓所をご用意いたしました。

自宅供養・お手元供養

最近では、さまざまなペットメモリアルグッズができてご家庭でもペット用仏壇、ペット用供養棚を用意して供養することも広まってきました。しかし、家庭のスペースの問題やいつまでもそのままではという人々の感覚の中で四十九日、百か日、一周忌などのいわゆる忌日にペット霊園に納骨・埋葬する方が増えているもの間違いありません。

ただ、ペットのお骨を手元供養として、ミニ骨壷やカプセルなどで分骨するケースも多いです

その他

その他の供養方法として、海や山へのお骨の散骨を行うことも少しずつ広がってきました。その場合はお骨を粉骨して散骨します。

最後に

このようにペットの供養の仕方にはいろいろな方法がありますので、ご自身にあった供養をお選びいただき、いとしいペットを弔ってあげてください。

 instagram

久成山 寿量寺

MAGOKORO PET CEMETERY

真心動物霊園

東京都町田市図師町1016-1

- 桜美林学園すぐそば -

 042-792-9683

OPEN 8:00~CLOSE 18:00(年中無休)

info@magokoro-pet.co.jp