もしもの時は

ホーム » もしもの時は

もしもの時は

もしも、大切なペットが亡くなってしまったら、まずはお電話でご相談ください。

ご自宅での安置方法

  1. 目や口を閉じてあげて、タオルなどでお体を拭いて、ブラシでとかしてあげましょう。
  2. 体液などが出る場合は、鼻、肛門に綿をつめるか、ガーゼなどで拭いてあげてください。
  3. お体の下にタオルなどを敷いて寝かせてあげましょう。またタオルなどを折りたたんで枕をつくってあげると鼻やお口から体液が流れにくくなります。
  4. なるべく涼しい部屋で寝かせあげて、好きだった食べ物や、お水、お花などを置いてあげましょう。

保冷処置について

お亡くなりになったペットは、内臓の方から腐敗が始まります。きれいな状態を保たせるためにも保冷処置は重要です。
ご家庭の氷、または保冷剤をタオルなどでくるんで、ご遺体の腹部を中心に冷やしてあげてください。

ご自宅で長時間ご遺体を安置される場合は保冷効果の高い桐棺や保冷剤の使用をおすすめします。
保冷材は氷やドライアイスよりも溶けにくく、溶ける時の水滴が出にくい為お体を綺麗に保つことが出来ます。またタオル等を掛布団としてお体にかけていただくと冷気が逃げにくくなります。

どうしても飼主様のご都合がつかず、ご葬儀まで日程が空いてしまう場合は、当霊園の専用の霊安室にて大切にお預かりいたします。
(料金は一切かかりません。)

四季イメージ
真心動物霊園 東京都町田市図師町1016-1 042-792-6983 四角形